株式会社テクノサイエンスシステムズ|電波暗室・電波吸収体・EMPソリューション

pageimg

業務内容

電波暗室/シールドルーム/付帯設備

ご要望に応じた理想的な測定環境を構築致します。

用途、設置場所寸法等に応じて様々なご提案が可能です。各種特殊仕様への対応も可能ですのでお気軽に御相談ください。

■電波暗室/シールドルーム

10m法電波暗室 : 10m法/3m法規格準拠仕様、各種大型装置へも対応

image ・測定規格CISPR16-1-4、IEC61000-4-3等に準拠
・自社製フェライト電波吸収体と、電波整合器の整合技術により広範囲な吸収性能を実現
・無段差バリアフリー扉の採用により、大型装置の搬出入が容易
・大型ターンテーブル採用により各種大型装置にも対応(最大仕様:ターンテーブル直径10m/耐荷重20t)
・測定試験における対抗機設置の為の地下ピット構造の採用
・シールドドア、ターンテーブル、アンテナ昇降機、及びコントローラ等の付帯設備は自社製につき、ご要望に応じて特殊仕様へ対応可能

3m法電波暗室 : 3m法規格準拠仕様 

image ・測定規格CISPR16-1-4、IEC61000-4-3等に準拠
・自社製フェライト電波吸収体と、電波整合器の整合技術により広範囲な吸収性能を実現
・無段差バリアフリー扉の採用により、装置搬出入が容易
・対抗機設置の為の地下ピット構造の採用が可能
・シールドドア、ターンテーブル、アンテナ昇降機、及びコントローラ等の付帯設備は自社製につき、ご要望に応じて特殊仕様へ対応可能

小型(3m法)電波暗室 : 対策用途に適した簡易型電波暗室

image ・対策用途としてEMI/EMSの使用頻度に合わせた仕様設定が可能
・薄型ターンテーブル(20cm以下)によりフラット床を実現
・既存建屋への収納が可能(全体高さ約3.5m)
・設置場所寸法制約に応じた様々な仕様設定が可能
・シールドドア、ターンテーブル、アンテナ昇降機、及びコントローラ等の付帯設備は自社製につき、ご要望に応じて特殊仕様へ対応可能

マイクロ波電波暗室 : 6面に吸収体を施工、アンテナ評価に最適

image ・個別仕様(周波数帯、Quiet Zone特性等)に合わせた暗室仕様設計
・独自の測定方法を採用し、Quiet Zoneにおける散乱波の影響を高精度に評価可能
・ウォークウェイ吸収体による歩行路設置

車載機器評価用電波暗室 : 車載機器評価に特化した専用暗室

image ・CISPR25,ISO11452等の車載評価用規格に対応
・車載評価用付帯設備(アンテナマスト、試験用銅板テーブル)付属

リバブレーションチャンバー : 攪拌機により均一な電界空間を実現

image ・電界均一測定を実施可能な試験設備(アンテナより放射された電界を攪拌機により均一にすることが可能)
・電波吸収体の施工が不要となる為、電波暗室よりも短工期で設置が可能
・既存建屋への収納が可能(全体高さ約3.5m)
・設置場所寸法制約に応じた様々な仕様設定が可能

シールドルーム : 伝導EMC試験用途に最適

image ・外部の不要な電磁波を遮断し最適なEMC測定環境を実現
・ご要望に応じ部屋寸法、シールドドア、供試体用電源、各種通信ラインのカスタム対応が可能

■付帯設備

地下室(地下ピット)

image ・ターンテーブルセンター下部支柱を設けない構造により、供試装置の対抗機置き場やメンテナンスに最適なスペースを確保
・自動開閉型の地下ピット入口や手すり付階段の設置により、安全性・運用性を向上

ターンテーブル

image ・供試装置をテーブル上に設置し、回転させ、電磁波ノイズの最大レベル角度を計測する為の装置
・大型用(最大直径10m)から小型用(直径0.8m)、デュアルタイプまで各種ご要望に応じたご提案が可能

アンテナ自動昇降機

image ・受信用アンテナを装備し、昇降させ、供試装置の電磁波ノイズの最大レベル高さを計測する為の装置
・10m法及び3m法暗室(昇降範囲1-4m)、小型暗室(昇降範囲1-2.2m等)、チルト機構搭載まで各種ご要望に応じたご提案が可能

コントローラー

image ・アンテナ昇降機、ターンテーブルを暗室外部にて遠隔操作、制御コントロールする装置
・GP-IB制御によりPCによる自動計測が可能

お気軽にお問い合わせ下さい

▲ ページトップ